2016/07/28 11:17:28 |
どのカードローンでも契約前に必要となるのが在籍確認の手続きです。勤務先に在籍をしているかの確認を行うもので、多くは審査を行うところが直接電話をかけて確認を行います。確認時には消費者金融名や銀行名、またはサービス名などは出さずに個人名とする場合が多く、電話に出たほかの方に対してはどこからの電話か分からないようにしてくれます。在籍確認は本審査の手続きの一つとなり、言ってみれば審査の最終段階に近いものです。信用情報などに問題があれば在籍確認前に審査落ちとなる場合がほとんどのため、在籍確認が行われるということは申し込みから契約までの流れも終盤に差し掛かっていることになります。確認が完了すれば後は契約を...
2016/07/28 11:17:28 |
限度額は大きければある程度の金額まで借りられる便利さがあるのに加え、限度額の大きさ次第では金利の低下にも期待が持てるようになります。基本的に消費者金融での初回契約時には限度額は大きくならないので、金利もどうしても上限での借り入れとなる場合が多いです。しかし、限度額は契約中に増額を行うことも可能で、限度額が増額されれば今後のカードローン利用が益々便利になります。限度額の増額を行うためには様々な条件がありますが、大手の消費者金融で一つの基準となっているのが半年程度の利用実績です。一部の消費者金融では利用実績が必要となる期間が書かれていますが、明記がされていないところも多いです。しかし、大体は契約後...
2016/07/28 11:17:28 |
おまとめローンとしてカードローンを利用する際には、多くの方が銀行からの借り入れで考えています。たしかに銀行カードローンは金利も低く、限度額も大きいためにおまとめローンに向いていますが、必ずしも銀行の利用に限られるわけではありません。消費者金融であっても借りたお金でのおまとめローンの利用や、または貸金業法に基づく借り換えやおまとめローンの利用ができる場合があり、少額のおまとめであれば審査が厳しくなる銀行ではなく消費者金融で利用を進める方もいます。銀行に比べるとおまとめローン利用であるとしても消費者金融は審査基準がいくらか低くなるので、銀行での一本化が難しい方でも消費者金融なら利用ができる可能性が...
2016/07/28 11:17:28 |
事業者がお金を借りるとなると、事業主本人が借りる個人用のカードローンなどか、または事業で使う資金かで分かれます。どちらもお金を借りるという行為であれば同じですが、個人向け融資と事業向け融資では大きく異なるので、利用の仕方によって選ぶようにしなければなりません。個人が借りるのであれば消費者金融や銀行など、事業主の方であっても個人利用なら通常のカードローンが利用できます。しかし、事業主の方が事業に使うお金として借りる場合には、これらのカードローンは利用できません。理由としては資金使途にあり、通常のカードローンは個人が使う範囲であれば自由となっていても、事業資金としての利用に関しては認められていませ...
2016/07/28 11:17:28 |
急ぎでお金が借りたいときに頼れるカードローンは、早い手続きのところであれば最短即日融資に対応をしているので助かります。申し込みをしたその日のうちに借りられるため、どうしても今日中にお金が必要であったり、数日中にはお金を用意したいときに便利です。カードローンの申し込みや契約の方法は様々ですが、早くに借りたいからと手続きが早そうな店舗にいきなり行くのはよくありません。店舗では確かに最短即日の契約や借り入れも可能としていますが、営業日や営業の時間が短いため、店舗までわざわざ行ったのに閉まっているということもあり得るのです。また、店舗での申し込みを行うとその場で審査結果が出るのを待たなければならず、待...